跳到主要內容

フードストーリーの中心人物:柯沛如


台北出身の柯沛如氏はいろいろなことを学ぶため 14 歳で単身渡米後、幾多
の波乱を経てサンフランシスコにリアルフード・リアルストーリー(Real Food Real Stories)を設立。サスティナブルフードにまつわる物語を紹介しています。

物語と食の出会いとは?
アメリカで学業を終えた後は、台湾に物語としてオーラルヒストリーを伝
えたかったのですが、難病の自己免疫疾患を発症してしまいました。病院を
渡り歩いても目立った成果はなかったのですが、ある日ヨガクラスの後、楽
しい食事によって心と体が楽になり、食と健康の密接な関係に気づいたので
す。体を癒すために自分で料理を作るようになり、やがて米国の自然食発祥
の地サンフランシスコへ。病気のおかげで長い時間一人で過ごして分かった
のは、都会の人々が互いの話にあまり耳を傾けず、人と一緒にいても孤独を
感じること。多くの生産者のおかげで病気を治したこともあり、「サスティ
ナブルフード」を軸に誰もが物語を通じて互いに親しみを持ち、リビングで
主役と食の出会いにまつわるライフストーリーに耳を傾けられる、家庭のよ
うな環境と雰囲気を作りました。

子供は誰しも物語が好きですが、物語が柯さんを惹きつける理由は?
最初は人に対する興味から、勉強の一環として隣近所の人を訪ねて映像
と文章で彼らの日常生活を記録したのです。周囲の人や物を細かく観察し
3 年が経つと、見知らぬ存在だった隣人と徐々に信頼が芽生えました。心か
らの話はシンプルで力強く、たとえ平凡な出来事でも独特の美しさと輝き
が身に染みました。

バウマンカレッジを選んだ理由を教えていただけますか?
バウマンカレッジ[1]はキッチンに関連したレッスンの中に栄養学も
あり、授業内容も多岐にわたっているからです。例えば、1本当の食とは何かを知る。新鮮・旬・未加工の現地の食材やハーブ、スパイスに含まれるミネラルやビタミンについて深く知る。2体と友達になる。全ての食は健康に繋がるため、大切なのは自分の体質に合っていること。3必要な栄養素を、妊娠中の母親・青少年・老人等のライフステージ別に理解する。4様々な食文化から健康の知恵を借りる、というものです。



柯沛如氏()と漁師兼シェフ兼芸術家のクリストファー・ワン氏(Christopher Wang)()でフードビジネスに携わる経緯を大いに語る。(著作権者 :ブレア・ランドール(Blair Randall))

リアルフード・リアルストーリーの設立以降、どんな素敵な物語がありましたか?
最初の主役はブルーシーラボ[2]の創立者、マーティン・リードさん
(Martin Reed)。サスティナブルフードに携わるきっかけについて「私が 10 代の時、いつも家で有機食材を使っていた母が他界して以来、父と外食漬けの毎日でした。しかし父が循環器系の病気で倒れ、もう一度健康な体を取り戻さなければと感じたのです。食を学び自ら台所に立るようになると、良い食材は生産者の苦労とコストによって作られると分かりました。しかし価格も高い。そこで隣人や友人と団体購入しようと考えました」と語ります。この話は参加者の心に小さな火を灯し、盛り上がりは三次会まで続きました!

台北の思い出の味は?
父は屏東の潮州人ですが、母が北方出身なので、北方で好まれる麺料理が父と私の好物になりました。夏は家で冷麺を作り、タレの味を比べっこします。テーブルいっぱいの付け合わせ、錦糸卵、せん切りきゅうり、枝豆、細切りの鶏肉、幸せです!



食事とは命と食べ物の交わりの時。リアルフード・リアルストーリー(Real Food Real Stories)は、柯氏が育てたネクタリンの木と共に一周年を祝った。日の光に照らされた真っ赤な実は、夏の農園で一つ一つ手摘みされる熟れた果実のようで、そこには天気や生き物、この地を切り開いた先祖の祈りと知恵が記録されている。(著作権者 :ミシェル・エドモンド(Michelle Edmunds))



柯氏の願いはリアルフード・リアルストーリーの思想、価値観、経験が一つの教育モデルとしてサンフランシスコから台北、全世界へと広がること。(著作権者 :ピート・コフ(Pete Ko))




「深い理解は共感を呼びます。ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー(Henry Wadsworth Longfellow)の『もしも敵の秘められた歴史をひもとけるなら、我々は彼らの一人一人の人生に、あらゆる敵意を喪失させるに足る哀しみや苦しみを見出すことだろう』という言葉のように」と柯氏。(著作権者 :ジェニー・チェン(Jenny Cheng))

●私たちの毎月のコラム:世界のキッチン      ●This post originated on TAIPEI


[1] バウマンカレッジ (Bauman College):
米カリフォルニア州の調理学校で、「健康になる食」という理念に貫かれた授業を開講

[2] ブルーシーラボ (Blue Sea Labs):
漁師から直接サスティナブルな魚介類の購入し、生態系と漁業従事者の権益を守る

留言

這個網誌中的熱門文章

2018年11月25日(日)下午14:00~17:00 發酵研習班 招生中

自從投入發酵食物研究,我們的廚房多了好多瓶瓶罐罐:瓶蓋有鐵環的搖擺瓶玻璃罐裡裝滿了一瓶瓶不同的發酵飲料,胖胖肚子有著細脖子的carboy連著airlock來排除發酵產生的二氧化碳,大玻璃罐裡釀漬著春天梅子盛產時等待時間完熟的梅酒;整個廚房一字排開的大小玻璃罐熱鬧非凡,微生物強大軍隊在廚房裡各自形成了自己的勢力與群落。 廚房角落裡有幾罐轉成深咖啡色放了數年之久的味噌,這些味噌裡的微生物群落創造了一個奇妙的環境,讓這些味噌經過了四年之久,卻仍舊能保持活力,不同節氣的不同溫度下能聞到這些奇妙微生物轉化黃豆所產生的不同芬芳。 發酵食物並不困難,每個家庭都可以自己手做釀製,課程會帶領你一步步進入微生物背後看不見的力量和發酵料理的應用,歡迎加入發酵行列。 報名連結:https://goo.gl/forms/TbulQ2ApwOmi258c2 課程內容: 淺談微生物與發酵、甘蔗發酵氣泡飲、認識與品嚐發酵食物。酒的初探:天然發酵蜂蜜酒&蜂蜜梅子酒製作。認識酵素:水果酵素製作(梅子及檸檬酵素)。天然發酵薑汁氣泡飲:薑汁酵種及兩種口味薑汁氣泡飲製作。自製米麴及鹽麴製作。麴的應用:甘酒製作及甘酒飲品應用。麴的應用:甘麴辣椒醬(gochujang)及料理。麴的應用:味噌製作。麴的應用:豆腐乳。乳酸發酵: 蔬菜發酵兩款。發酵料理應用:麴、甘酒與味噌。發酵料理應用:麴、甘酒與味噌。
課程次序會配合氣候變化做調整。每月上課一堂共12堂課為期一年。
報名連結:https://goo.gl/forms/TbulQ2ApwOmi258c2

若遇天候影響食材短缺時將更動課程。
講師:謝碧鶴




經歷:Beher創辦人,2007 費用:42000元 招生人數:10人 預計開課日期:2018年11月25日(星期日)下午14:00~17:00 Beher生活廚房 台北市松山區富錦街354號1樓Emailthebeher@gmail.com facebook

醬料與油品訂購。

我們最近做了一批醬料,也推薦用心製油的人良油坊的油品,歡迎大家訂購。

桂圓牛奶抹醬 NT 300
濃濃的奶香加上桂圓的抹醬,入口溫潤的奶香味道和龍眼濃郁的香氣,是我們研發的幸福抹醬。以台灣特有的龍眼乾加上非常體貼牛媽媽們的四方鮮乳,適合早餐塗抹麵包,一般土司大多加入許多牛奶,建議全麥麵包較適合;搭配紅茶和咖啡也很合適。 桑椹果醬 NT 300只有短短產季的有機桑椹,熬煮並保存了春天的味道,塗抹bagle或搭配優格,是早餐的好夥伴。 手工薑油 NT 480自然農法的老薑與嫩薑,以少量芝蔴油低溫炒焙後降溫加入冷壓橄欖油,適合拌麵、飯和青菜。是夏天不想在廚房動火煮飯的簡單午餐的好醬料。  台式手工豆腐乳 NT 380非基改黃豆製成的豆腐,加上我們自製米麴製成的低鹽豆腐乳,直接抹饅頭或搭配稀飯。或是加入研磨過白芝麻做成醬料,拌麵、拌青菜都合拍。










2018年9月25日(二)14:30~17:00 桃子發酵氣泡蘇打 &酵種 招生中 [特別加開]

我們好愛桃子啊!吸收了滿滿陽光與雨水,每一顆都是果農一年的心血。
我們曾經做過草莓櫻花慕斯,桂圓牛奶抹醬,紅酒番茄,白酒番茄,荔枝發酵蘇打等等水果加工,也獲得許多的讚美。
我們好希望幫每一種台灣水果量身定做一種加工品,每一次我們都要求自己一定超越鮮果的美味。
這一次我們發酵了桃子,發酵過的桃子好讓人驚艷!這次一定不能錯過!
2018年9月25日(星期二)下午14:30~17:00(額滿)

2018年10月16日(星期二)下午14:30~17:00 
[特別加開]
報名連結:https://goo.gl/forms/Y6quMSQeUzeJ90DK2
這堂課中,我們製作天然酵種啟動發酵,您可以透過這次課程知道天然發酵飲品的基本理念和實用技術,並輕鬆地在家調出美味又天然的氣泡飲料而將益生菌融入忙碌的日常飲食中。這次課程以桃子為主角,除了實用技術與基本理論之外,我們也重視風味,課程會加入一項秘密食材,讓桃子氣泡飲料的美味優雅更勝鮮果。
課程結束後可帶回一罐酵種和桃子氣泡飲料一罐。

若遇天候影響食材短缺時將更動課程。
講師:謝碧鶴 經歷:Beher食物研究圖書館創辦人,2007 費用:會員2850元,非會員3000元 招生人數:15人 預計開課日期:2018年9月25日(星期二)下午14:30~17:00(額滿)
特別加開班:2018年10月16日(星期二)下午14:30~17:00 https://goo.gl/forms/Y6quMSQeUzeJ90DK2
Beher食物研究圖書館 台北市松山區富錦街354號1樓Email:thebeher@gmail.com
facebook:https://www.facebook.com/beherkitchen